OCN

こんな危険が待ち受けている!フィッシング詐欺

ユーザーの「不注意」を利用して誘導

フィッシング詐欺とは、ユーザーがふだん利用しているポータルサイトやネットバンキングサイト等にそっくりのWeb ページを作成し、「セキュリティ対策のため下記アドレスにアクセスしてください」といった偽のE-mailで用意したWebページへ誘導、ID・パスワード等の入力を促し、個人情報を盗む詐欺です。

このようにご説明すると「なぜ偽物と気づかないの?」と思うかもしれませんが、下記のように周到な仕掛けをしているため、偽物とは気付かずはまってしまうのです。

  • 届いたE-mailの送信者名、送信アドレスは本物を偽装している
  • リンク先のURLも酷似したアドレスを用意している
  • 表示されるサイトのデザインはほぼ本物と同じ
  • ページの中のリンクボタンなどを押せば本物のサイトに飛ぶ
  • ID・PWの入力を促すポップアップウインドウを出現させる手法もある

よく利用して見慣れているWebサイトほど、細かいところまでチェックする気にもならず無意識のうちにログイン操作をしてしまうもの。2003年秋あたりから米国を中心に被害が急増しており、日本でもいくつかの大手サイトで被害が報告されています。

E-mailのURLリンクを利用しないこと

フィッシング詐欺の手口は時が経つにつれますます巧妙化しています。E-mailの文面は、受け取ったユーザーがすぐにアクセスしてしまうような内容になりつつあります。

  • プロバイダ名義の「料金引き落とし不能のご連絡」
  • オークションサイト名義の「落札通知」
  • 大手インターネットショッピングサイト名義の「懸賞当選通知」
  • インターネットバンク名義の「入金通知」

このようなE-mailを受信すればユーザーは思わず開きますし、かなりの高確率でE-mailに記載されている URLリンクをクリックしてしまいます。フィッシング詐欺の被害を未然に防ぐには、たとえよく使うWebサイトからの連絡でもE-mailのURLリンクは使用せず、ブックマークなどから「本物のサイト」にリンクし、情報の確認を行うか、不審に思う場合はそのサイトの窓口に問い合わせをすることをお薦めいたします。

インターネット上の脅威

そもそもインターネットって?
インターネットとは
便利さと危険さ
マナーを大切に
インターネットに潜む危機
コンピュータウイルスってなに?
忍び寄る不正アクセス
狙われている個人情報
急増するフィッシング被害
迷惑なスパムメール
高額な架空請求
知らないうちに加害者に
ショッピング・オークションの被害
未成年者に有害または不適切な情報
こんな危険が待ち受けている!
コンピュータウイルス
プライバシーの侵害
著作権の侵害
不正アクセスとスパイウェア
デマ、名誉毀損・誹謗中傷
違法行為、詐欺に注意
フィッシング詐欺
個人情報が危ない
個人情報には価値がある
個人情報はなぜ流出する?
悪用された場合の被害
E-Mailにご注意を
送受信の仕組み
危険性とウイルス対策
ウイルスに感染してしまったら
迷惑メールへの対処方法
Webサイトの基礎知識
Webサイトの仕組み
ネットショッピング・オークション
アンケート・懸賞サイト
掲示板・チャット
悪意のあるサイト
安全なWebサイトの判別
常時接続ではここに注意!
常時接続の仕組み
常時接続が抱える危険性
無線LANの危険性
ホントにあった怖い話
他人になりすまされた[ID・パスワードの漏洩]
不正アクセス[ID・パスワードの漏洩]
個人情報が狙われる[公共のパソコン]
違法行為の踏み台にされた[無線LAN]
パソコンの動きが遅くなった[ウイルス感染]
パソコンを買ってすぐに感染した[セキュリティホール]
知らないうちに加害者に[ウイルス感染]
商品が届かない[オークション詐欺]
身に覚えのない請求が[ネット詐欺]
個人情報を騙し取られる[フィッシング詐欺]
重要なメールを見逃す[迷惑なスパムメール]
デマ情報の流布[チェーンメール]
他人を傷つける[掲示板トラブル]
責任ある発言を[ブログのトラックバック]
悪意のあるサイト[風俗・出会い系]
不正アクセス[スパイウェア・トロイの木馬]

セキュリティ対策上の基礎

セキュリティ実践講座

今週のキーワード

ホントにあった怖い話

セキュリティ実践講座

篠田佳奈のHow Toセキュリティ

カタいセキュリティトピックのヤワラカコラム

セキュリティトレンド定点観測

セキュリティトレンドのホットなトピックをお届け

今週のキーワード

快適なネットライフを送るために知っておきたい用語集

OCNセキュリティポータル ボットにご注意ください!