OCN

セキュリティ対策のポイントWindows XP/Vista のセキュリティ設定

Windows Vista、Windows XP Service Pack2はまとめてセキュリティ設定が行なえる

Windows XP Service Pack 2(以降、SP2)以降やWindows Vistaには、各種セキュリティ関連の設定を一括して行える「セキュリティセンター」という機能が用意されています。Windows XP SP2以降では「ファイアウォール」と「自動更新」、「ウイルス対策」の3つが、Windows Vistaでは「ファイアウォール」、「自動更新」、「マルウェア対策」、「他のセキュリティ設定」の4つの項目があり、それぞれ設定することが可能な他、起動時に自動的にこれらの設定が適切かどうかを確認し、問題が生じていれば警告が発せられます。


セキュリティセンターの警告メッセージ

画像

警告メッセージ

セキュリティの問題を検知すると、セキュリティセンターが警告を表示します。警告メッセージをクリックすると、セキュリティセンターが表示されます。

↓
画像

コントロールパネルにある「セキュリティセンター」

とくに問題がない場合には、警告やシステムトレイのアイコンは表示されませんが、コントロールパネルからセキュリティセンターにアクセスできます。


各項目の内容

セキュリティセンターの設定項目は以下のとおりです。

ファイアウォール

ネットワークに対して行われる通信を監視し、設定内容に応じて通信を許可、あるいは拒否することにより、外部からの攻撃を遮断するといった役割を担うのが「ファイアウォール」です。ここでは、ファイアウォールの機能の有効になっているかどうかのチェックを行います。

自動更新

Windowsの安全性を高めるための更新プログラムを自動的にダウンロードし、システムに適用するための仕組みです。これを有効にしておくことで、更新プログラムが公開されると自動的にダウンロードが行われます。

ウイルス対策(マルウェア対策)

パソコンのセキュリティ対策を行う上でもっとも重要だと言えるウイルス対策ソフトの導入の可否がチェックされます。なお、Windows Vistaでは「マルウェア対策」と名称が変更されています。

他のセキュリティ設定(Windows Vistaのみ)

「インターネット セキュリティ設定」と「ユーザー アカウント制御」の2つの項目が含まれています。インターネット セキュリティ設定では、Internet Explorerにおけるセキュリティ関連の設定が適切かどうかがチェックされます。ユーザー アカウント制御は、悪意のあるプログラムによって、あるいはユーザーの不注意で重要なファイルを削除するといったミスを防ぐための機構です。

適切なセキュリティ設定が行われていない場合、以下の画面のように項目が赤字で表示されます。説明をよく読み、対策を実施しましょう。

画像


自動更新を設定する

セキュリティセンターにおける重要な設定が「自動更新」です。これを適切に設定しておくことで、更新プログラムのダウンロード及び適用が自動的に行われ、Windows、あるいはInternet Explorerなどのアプリケーションを安全な状態に保つことができます。

「自動更新」の初期設定では、新しいアップデートパッチがリリースされたことを感知すると自動的に必要なアップデートプログラムをダウンロードし、指定の時間(毎日、3:00が初期設定)になると自動でアップデート作業が開始されるようになっています。設定した時間にパソコンが起動していなかった場合には、次にパソコンを起動した際にアップデート作業が行われますのでとくに心配はありません。実行する時間の変更や、ダウンロードは自動で行ってもインストールは手動で行いたいときなどには、Windows XPではセキュリティセンター画面の下のほうにある「自動更新」アイコンをクリック、Windows Vistaでは左上の「Windows Update」をクリックし、次の画面のやはり左上にある「設定の変更」をクリックします。

Windows XP SP2では以下の画面が表示されます。推奨されているのはダウンロード及びインストールを自動的に行う「自動」です。通常はこちらを指定して下さい。インストールのみ手動、ダウンロードとインストールともに手動を選ぶことも可能です。「自動更新を無効にする」という設定もありますが、よほどの理由がない限り選ぶべきではありません。

画像

自動更新の設定


セキュリティセンターのすべての項目が「有効」になっている状態

これでシステムのセキュリティは安心です。

画像

すべての項目で問題がなくなった状態。

Windows XP Service Pack 1で自動更新の設定を行うには

1つ前のバージョンとなるWindows XP Service Pack1の場合は、セキュリティセンターは用意されていませんが、システムの自動更新機能は備わっています。コントロールパネルの「自動更新」をダブルクリックすれば、SP2と同様の「自動更新」の設定画面になりますので、ここで「自動(推奨)」を選択しておけばOKです。なお安全性を高めるために、可能な限りSP2を適用することをお勧めします。


「自動更新」アイコンの表示のさせ方

画像

左側にある項目から「クラシック表示に切り替える」をクリック

コントロールパネルに「自動更新」アイコンが表示されていない場合には、左上にある「クラシック表示に切り替える」をクリックします。

↓
画像

表示された「自動更新」アイコンをダブルクリックする

「自動更新」のアイコンをダブルクリックすると、自動更新の設定が行なえます。

インターネット上の脅威

セキュリティ対策上の基礎

安全対策のキホン
個人情報の取扱
ID・パスワードの管理
公共のパソコンの操作
著作権について
恒に最新の状態に保つ
ウイルス・不正アクセス対策
デマや噂に注意
未成年者向け有害サイト対策
Webサイトの安全性はSSLで確認
セキュリティ対策のポイント
はじめに
不正アクセス対策 ダイジェスト
ウイルス対策 ダイジェスト
個人情報保護対策 ダイジェスト
はじめに~パソコンのOSは常に最新の状態に
Windows XP/Vista のセキュリティ設定
Mac OS X のセキュリティ設定
安全なメール環境はこうして実現!
E-mail送受信の仕組みとヘッダー情報
危険なメールの見極め方
Windows Outlook Express
Windows Mail
Macintosh Mail
ウイルス対策ソフトの設定
万が一ウイルスに感染してしまったら
迷惑メール対策
Webブラウザの安全対策
はじめに~Webサーバとブラウザの役割分担
危険なサイトの見極め方
ブラウザのセキュリティ対策:Internet Explorer 6
ブラウザのセキュリティ対策:Internet Explorer 7
ブラウザのセキュリティ対策:FireFox 3.0
ブラウザのセキュリティ対策:Safari 2.0
ブラウザのセキュリティ対策:Safari 3.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Internet Explorer 6
ブラウザにおける個人情報の保護:Internet Explorer 7
ブラウザにおける個人情報の保護:FireFox 3.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Safari 2.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Safari 3.0
ウイルス・不正アクセス対策ソフトの設定
Webサイトを見ていてウイルスに遭遇したら
未成年に不向きなサイト対応
常時接続の安全対策
はじめに~便利と同時にリスクもともなう常時接続
ルータのセキュリティ設定方法
不正アクセス対策ソフトの設定方法

セキュリティ実践講座

今週のキーワード

ホントにあった怖い話

セキュリティ実践講座

篠田佳奈のHow Toセキュリティ

カタいセキュリティトピックのヤワラカコラム

セキュリティトレンド定点観測

セキュリティトレンドのホットなトピックをお届け

今週のキーワード

快適なネットライフを送るために知っておきたい用語集

OCNセキュリティポータル ボットにご注意ください!