OCN

安全なメール環境はこうして実現!万が一ウイルスに感染してしまったら

こんな症状があったら感染を疑う

下記のような症状があった場合、パソコンを再起動してみましょう。再起動後も同様の症状が現れるようですと、ウイルスに感染している疑いがあります。

  • パソコンで何も操作をしていないにもかかわらず、ルータやモデムの「DATA」ランプ等が頻繁に点滅を繰り返す
  • パソコンが起動しなくなる
  • 動作が全体に遅くなる

まずウイルス対策ソフトで駆除を行なう

感染の疑いがある場合、まず行うべきことはウイルス対策ソフトでの感染チェックです。ウイルススキャンを開始すると、パソコンのハードディスクに保存されているデータを順次チェックしていきますので、終わるまでパソコンの操作をせずに待ちます。ウイルスがパソコンから発見された場合には、ソフトの画面の指示に従って駆除作業を行うことになります。ウイルス対策ソフトの具体的な操作や設定方法については「ウイルス対策ソフトの設定」をご覧ください。

ウイルスチェックを行う際には、下記のような点に留意してください。

  • ウイルススキャンを始める前に、ウイルス定義ファイルを最新版にするためウイルス対策ソフトのアップデート操作を行う
  • ネットワークで接続されている他のパソコンへの感染を防止するためにウィルス定義ファイルのアップデートが終了したらパソコンからLANケーブルを抜いて物理的に隔離する

ウイルス対策ソフトをお持ちでない場合、OCNご契約のお客さまのパソコン内のウイルスをオンラインで検知・駆除する無料サービス「オンラインスキャンサービス」をご用意していますので、こちらもご利用ください。

※ただしウイルスの種類によっては駆除できない場合がございます。

ウイルス駆除が成功しなかった場合は

ウイルス対策ソフト等でのウイルス駆除作業は、すべてのウイルスが問題なく駆除できるとは限りません。またハードディスクの重要なシステムファイルなどを消去する悪質なウイルスもあります。

残念ながらウイルス駆除がうまくいかなかった場合には、パソコンに付属のリカバリーディスクを使用して購入時の初期状態に戻すしかないこともあります。

  • 大切な書類データやブラウザのお気に入り、メールソフトの設定等をCD-Rなどにバックアップする
  • リカバリーディスクでパソコンを購入時の状態に戻す(ハードディスクを初期化)
  • 使用しているアプリケーションソフトを改めてインストールする
  • Windows or Macintosh OSのアップデートを行う
  • ウイルス対策ソフトを再インストールする
  • データや各種設定をバックアップしたCD-Rなどをウイルス対策ソフトでウイルスチェックする
  • バックアップしたCD-Rのデータが問題なければパソコンに戻す

(注意)

データや各種設定のバックアップには、外付けハードディスクなどをご利用いただいてもかまいませんが、いずれの場合もバックアップデータを戻す前に、ウイルスチェックを行うことを忘れずに実行してください。

万が一バックアップデータがウイルスに感染している場合には、せっかくリカバリーしたパソコン環境に再びウイルスが侵入してしまう恐れがあります。


OCNではウイルスの駆除がうまくできない方のためにユーザーサポートプラン「ウイルス駆除パック」をご用意しています。もしもの場合はこちらをご利用ください。

ウイルス感染に備え定期的なバックアップを

次々に新たなウイルスが発生している現在の状況では、万全の対策をとっていたとしても感染してしまう危険性は常にあります。万が一ウイルスが駆除できず、リカバリーディスクで初期化せざるを得なくなってしまうと、直前まで作業していた大切な文書ファイルや、E- mailデータなども消えてしまいます。そのようなリスクを回避するためにも、重要なデータの定期的なバックアップをしておきましょう。

E-mail関連では、受信したメール、アドレス帳、メールアカウントなどのデータをバックアップしておくことで、もしパソコンのシステムを再インストールすることになってしまっても状態を復活させることが可能になります。ここではWindowsの標準メールソフトであるOutlook Expressを例に、バックアップ方法をご紹介いたします。


アドレス帳をバックアップ

「ファイル」メニューの「エクスポート」→「アドレス帳」を選択し、アドレス帳エクスポートツール画面を表示します。データバックアップでは「Microsoft Exchange 個人アドレス帳」形式を選び「エクスポート」ボタンを押します。「テキストファイル(CSV)」形式は他のメールソフトへ移行する場合などに活用できます。

アドレス帳をバックアップするウィザード

アドレス帳をバックアップするウィザード

↓

バックアップデータのファイル名を決め「次へ」をクリックします。

ファイル名を入力

ファイル名を入力

↓

エクスポートするフィールドにチェックを付け、「完了」をクリックするとアドレス帳のバックアップが実行されます。

エクスポートする項目(フィールド)を選択して「完了」ボタンをクリック

エクスポートする項目(フィールド)を選択して「完了」ボタンをクリック


メールデータのバックアップ

「ツール」メニューの「オプション」を選択し、「メンテナンス」タブ画面で「保存フォルダ」ボタンをクリックします

「メンテナンス」タブで「保存フォルダ」ボタンをクリック

「メンテナンス」タブで「保存フォルダ」ボタンをクリック

↓

現在のメールデータの保存場所が表示されますので、エクスプローラなどを使ってこのフォルダをまるごとバックアップします。

表示された保存場所をエクスプローラなどで開き、別のHDDやUSBメモリなどにバックアップ

表示された保存場所をエクスプローラなどで開き、別のHDDやUSBメモリなどにバックアップ


メールアカウントのバックアップ

「ツール」メニューから「アカウント」を選び、インターネットアカウント画面の「メール」タブを表示します。アカウントを選択し、「エクスポート」をクリックするとメールアカウント情報をバックアップすることができます

インターネットアカウント画面から、バックアップしたいアカウントを選び「エクスポート」ボタンをクリック

インターネットアカウント画面から、バックアップしたいアカウントを選び「エクスポート」ボタンをクリック


アドレス帳やメールアカウントは、同様の手順でインポートを行うことによりバックアップ時の状態に戻すことができます。メールデータは、バックアップしたデータを同じ保存場所へ上書きすることで、再び利用することができるようになります。

せっかくメールデータをバックアップしていても、ハードディスクの「マイドキュメント」などに保存していては再インストールする場合に役に立ちません(ハードディスクの初期化とともに消えてしまいます)。CD-RやUSBメモリなどの外部記録メディアへ待避させておきましょう。

OCN ならあんしん

インターネット上の脅威

セキュリティ対策上の基礎

安全対策のキホン
個人情報の取扱
ID・パスワードの管理
公共のパソコンの操作
著作権について
恒に最新の状態に保つ
ウイルス・不正アクセス対策
デマや噂に注意
未成年者向け有害サイト対策
Webサイトの安全性はSSLで確認
セキュリティ対策のポイント
はじめに
不正アクセス対策 ダイジェスト
ウイルス対策 ダイジェスト
個人情報保護対策 ダイジェスト
はじめに~パソコンのOSは常に最新の状態に
Windows XP/Vista のセキュリティ設定
Mac OS X のセキュリティ設定
安全なメール環境はこうして実現!
E-mail送受信の仕組みとヘッダー情報
危険なメールの見極め方
Windows Outlook Express
Windows Mail
Macintosh Mail
ウイルス対策ソフトの設定
万が一ウイルスに感染してしまったら
迷惑メール対策
Webブラウザの安全対策
はじめに~Webサーバとブラウザの役割分担
危険なサイトの見極め方
ブラウザのセキュリティ対策:Internet Explorer 6
ブラウザのセキュリティ対策:Internet Explorer 7
ブラウザのセキュリティ対策:FireFox 3.0
ブラウザのセキュリティ対策:Safari 2.0
ブラウザのセキュリティ対策:Safari 3.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Internet Explorer 6
ブラウザにおける個人情報の保護:Internet Explorer 7
ブラウザにおける個人情報の保護:FireFox 3.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Safari 2.0
ブラウザにおける個人情報の保護:Safari 3.0
ウイルス・不正アクセス対策ソフトの設定
Webサイトを見ていてウイルスに遭遇したら
未成年に不向きなサイト対応
常時接続の安全対策
はじめに~便利と同時にリスクもともなう常時接続
ルータのセキュリティ設定方法
不正アクセス対策ソフトの設定方法

セキュリティ実践講座

今週のキーワード

ホントにあった怖い話

セキュリティ実践講座

篠田佳奈のHow Toセキュリティ

カタいセキュリティトピックのヤワラカコラム

セキュリティトレンド定点観測

セキュリティトレンドのホットなトピックをお届け

今週のキーワード

快適なネットライフを送るために知っておきたい用語集

OCNセキュリティポータル ボットにご注意ください!